そんなわけで、

先日7/3(水)に発売した、

『ミオととなりのマーメイド』5巻!


・・・の前に、


今更ながらではありますが;;
こちらを先にお知らせさせてください。

昨年2018年12月に発売した

『ミオととなりのマーメイド』4巻!

作:ミランダ・ジョーンズ
訳:浜崎絵梨
絵:谷 朋
編集:潮 紗也子
デザイン:岩田里香

帯無しはこちら↓になります♪


このカバーを開くとこんな↓感じです♪

  

海の王子(あの人ではない)のカイが
日焼けしすぎの肌になっちゃったのと、
イルカのシルバーが
バケラッタのQちゃん的になっちゃったのは、
描き直したい&塗り直したい点ではございますが;
浜崎絵梨さんの訳、ミランダさんのお話は
4巻もハラハラドキドキでとっても面白いので、
ぜひ読んでもらえたら嬉しいです♪

あ、そうそう。
4巻はクジラがガッツリ出るんですよ。
生き物苦手(描くの)な私は毎度戦いです。
昔、童話の中でも、特に動物がいっぱい出てくる
『おやゆび姫』の挿絵のご依頼をいただきかけたことがあったのですが、

「あ、ごめんなさい。谷朋さん動物描くの苦手でしたね;」

とお流れになったことが。。。
しかも2度も!!
くっ。小梅太夫ーーー!!

私の戦いはまだまだ続きます。。。
頑張る、頑張るよ。。。

あ、またまた脱線しましたが、
詳しいミオマメ4巻のお話はこちら!
(人任せ)

ポプラ社
『ミオととなりのマーメイド』4巻紹介

次回、5巻のお話しますね♪

TANITOMO