でんでけで~ん!

『フランス語版ミオマメは、カバーにキラキラ加工がされてる!』
『思いがけないところがキラキラになってる!』

ということで、1巻2巻のキラキラは見ていただき、

『次の3巻はどこがキラキラになってるでしょう!?』

と、質問させていただきましたが、
答えはこちらでした~~~☆☆☆

ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版Millieカバー
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
正解はこのピンクのところで~~す♪

思ってたのと合ってたかな?(#^3^#)
ちなみに裏表紙はこちら☆☆☆
 

ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト
ミオととなりのマーメイドフランス語版3巻カバーイラスト

以上、3巻のキラキラ答え合わせでした~~~♪♪♪


・・・
そうだ、このイカと言えば。

私は生き物を描くのが苦手なので(色々苦手だらけですが;)
あらすじの段階で 次の巻で新しく登場する生き物を聞いています。
前もって資料を準備しておくためなのですが、

『3巻はメインは〇〇〇〇で、あとは・・・〇〇とかイカ・・・かな?』

ということで、早速集めました。
それぞれの資料を集めました。


私はこのイカを・・・

このイカを描くために購入した資料はこちらっ



じゃん!!

 ↓


本格的過ぎました。


動物学者として大変有名な奥谷 喬司先生の本は、
とても分かりやすく勉強になる本ばかりなのですが、
(他に貝関係の本も購入☆お気に入りデス♪)
この本は英文などでも書かれてあって、研究者向け・・・だったのかな・・・・・・;

とにもかくにも、これほどの資料がありながら、
私の画力と言ったら・・・

どあああああああ

全く作画にイカせず(←あ )力不足でお恥ずかしい限りです・・・

けれど救いだったのは。
結局本文イラストには出ず、裏表紙のこの一カ所だけだったので(;´∀`)
いつかバンバン登場する時のために、もっと勉強して練習しておこうと思います!
(しかし頭足類・・・足(腕)の方が頭(前)とか謎過ぎるよね・・・)

12巻では何が出るのかな~~?
難しい生き物登場しませんように;;
みんなも一緒に祈っててね~~(;^ω^)


TANITOMO